クレンジングの役割と注意点 敏感肌の方は特に!

なにも気にしていないと危ないかも?クレンジングにはきちんと役割と注意点があるんです。

*

「 Uncategorized 」 一覧

no image

まとめ

  2015/10/09    Uncategorized

まとめ 敏感肌の人は細かく言えばお肌の状態やメイクの濃さによっても違います。 一般的にお薦めできるクレンジング・メイクオフは次の3点がお薦めです。 (1)クレンジングミルク (2)洗顔石けん (3)オリーブオイル これらが刺激が少ないのでよいでしょう。   それぞれの商品の特徴を知って正しく使用することで摩擦を軽減することができます。 敏感肌を悪化させないようにしましょう。   ですが、クレンジングには限界があります。 悪化させないようにするだけで治すことはできません。 敏感肌そのものを改善させるためには、まずはターンオーバーを見直すことが最も大切です。  

no image

敏感肌はどのようにケアをすれば良いのでしょうか?

  2015/10/09    Uncategorized

敏感肌はどのようにケアをすれば良いのでしょうか? ターンオーバーを改善する最も近道になるでしょう。 何故ならば敏感肌の原因がターンオーバーが正常に機能しないからです。 ターンオーバーを見直すしか改善はできません。   改善の具体策は以下の3点です。 (1)良質な睡眠を充分にとること (2)お肌の潤いを保つこと (3)正しいスキンケアをすること これらがとても重要になります。    

no image

敏感肌になってしまう原因とは?

  2015/10/09    Uncategorized

敏感肌になってしまう原因とは? 敏感肌になってしまう原因はズバリ「ターンオーバーが早まっているから」です。 ターンオーバーが早くなるとどうなるのでしょうか?   充分に準備ができていない小さく・薄く・痛みやすい状態の細胞が角質層のお肌の表面にできてしまいます。 そのためにお肌の表面がどんどん弱くなってしまいます。 乾燥や紫外線のようなちょっとした刺激にも敏感になり、肌荒れしやすい敏感肌になってしまうのです。

no image

敏感肌の特徴と予防方法

  2015/10/09    Uncategorized

敏感肌の特徴と予防方法 敏感肌そのもの特徴をしれば予防方法も身につけておきましょう。 敏感肌とは角質層のバリア機能が弱まっている状態です。 お肌が本来持っている機能を果たせなくなっている状態のことです。   角質層とは一番表面のお肌です。 外部からの刺激を最も受ける箇所になります。 角質層は汚れや細菌の侵入をブロックします。 身体の中の水分が蒸発するのを防いでくれます。   保湿機能をキープしてくれるわけです。 その角質層のバリア機能が弱まることは汚れや細菌の侵入を許してしまうだけではありません。 保湿機能が弱まってしまい乾燥が進んでしまいます。  

no image

拭き取りシートクレンジング

  2015/10/09    Uncategorized

拭き取りシートクレンジング メイクをシートで拭き取って落とすタイプです。 どうしても拭き取りの際の摩擦が避けられません。 お肌への摩擦が大きいと角質層や皮脂膜に影響があります。 これは敏感肌を悪化させる要因になるでしょう。   シートタイプのクレンジングにはオイルなどお肌への刺激になる成分が含まれているタイプも多いです。 敏感肌で悩んでいる人には強すぎる刺激になります。        

no image

クレンジングオイル

  2015/10/09    Uncategorized

クレンジングオイル クレンジングオイルには大量の油が含まれています。 オイルが多く含まれていると界面活性剤も多く含めなければなりません。 これがお肌の刺激になってしまうのです。   界面活性剤は本来はひっつかない性質を持っている水と油をくっつける成分です。 一般的にはオイルの配合量が多ければ多いほど界面活性剤の量が多くなります。 ポイントメイク落としや濃いバッチリメイクを落とすには使い勝手がよいクレンジング剤です。 しかしながら敏感肌の人には少々刺激が強すぎます。

no image

敏感肌の人がしてはいけないNGクレンジング

  2015/10/09    Uncategorized

刺激や摩擦に弱い敏感肌の人は摩擦や刺激の強いクレンジングは避けましょう。 次の2つは典型的です。 (1)クレンジングオイル (2)拭き取りシートクレンジング すぐに落とせるというメリットはあります。 ですが敏感肌の人やお肌の調子が悪い場合は使用を控えるほうが無難です。  

no image

正しいクレンジングと洗顔を心がけましょう。

  2015/10/09    Uncategorized

美容雑誌の記事を安易に信じることはやめましょう、 美容雑誌に掲載されているクレンジング方法や洗顔方法は正しいとは限りません。 間違った情報をリリースしていることは意外と多いです。 その理由はシンプルです。 化粧品メーカーがスポンサーになっているからです。   スポンサーの商品にとってマイナスになったり都合が悪くなることは言えないでしょう。 例えば化粧水などは典型的です。 化粧水はただの水です。 スキンケアにおいてはほとんど意味がないです。   本来化粧水が誕生したのはヨーロッパエリアの硬水がメインの地域でした。 硬水を使ってお肌を洗うとゴワゴワになってしまいます。 お肌を洗うために軟水を持ち歩く必要がありました。 それがそもそもの化粧水のはじまりでした。   日本は軟水で洗顔できます。 まったく化粧水は不要なのです。 ですがその洗顔スタイルだけを真似して産まれたのが化粧水なのです。 たくさんの人達がたっぷりの化粧水を使用したスキンケアを薦めています。 それを信じている女性は多いです。   ですが水分を与えすぎることはよくありません。 角質層をふやけさせて肌のバリア機能を低下させてしまうのです。 これは臨床皮膚医学では常識になっている事実です。 こういった本当の知識は皮膚科で診察していただかない限りは一般の人達は知りません。 だから化粧水を利用しているのです。   実際には意味がなかったり、お肌の負担になっていることは決して珍しくなくよくあることです。 スポンサーの都合によって作り上げられた間違った知識はクレンジングや洗顔に関しても浸透してしまっています。 大勢の女性は敏感肌や乾燥肌になってしまいます。   そうなれば保湿力の強い化粧水を購入しますし、敏感肌専用の高価な化粧品を購入してくれます。 結局のところ得をするのは化粧品メーカーになるのです。   このことは美容業界の裏側であることを覚えておきましょう。 私達消費者は本当に正しい知識を得ることが大切です。   それを実践するだけでかなり違ってきます。 化粧品メーカーを儲けさせるためだけではありません。 …

no image

お肌の潤いを守るという考え方が大切です

  2015/10/09    Uncategorized

お肌の潤いを守るという考え方が大切です クレンジングや洗顔はメイク汚れやお肌の汚れを落とすために必要なケアです。 ですが過剰なケアはかえってマイナスになります。 お肌の潤いを保つ成分であるセラミド・天然保湿因子・皮脂などの細胞間脂質を削り落としてしまいます。   大切な成分を流出させてしまうわけです。 皮脂の場合は洗い落としても数分の間で元のレベルの戻ってくれます。 ですがセラミドなどの細胞間脂質になると簡単ではないです。 回復するには数日が必要です。   その回復する間でもクレンジングや洗顔は毎日します。 お肌はずっとセラミドなどの大切な細胞間脂質が不足した状態になるのです。 このことがお肌のバリア機能を低下させてしまいます。 敏感肌や乾燥肌になってしまうクレンジングや洗顔の典型的な弊害と言えるでしょう。   汚れを落とすことはもちろん大切です。 けれども本当にお肌のことを思うならば、お肌の潤い成分を保護することも意識しなければならないでしょう。          

no image

間違った洗顔&クレンジングが汚肌のはじまり!

  2015/10/09    Uncategorized

お肌トラブルの原因になっているのは洗顔とクレンジング 日本人全体の7割ぐらいの人達は敏感肌や乾燥肌だという統計があります。 お肌が乾燥してしまったり、敏感になる原因はどこにあるのでしょうか?   これは共通点がありまして、お肌を外部刺激や乾燥から保護する役割がある角質層のバリア機能が低下しているからです。 年齢が40歳代になれば加齢によって女性ホルモンや皮脂の分泌量が低下します。   それによってお肌が乾燥するのは仕方がないことです。 ある程度は老化現象として受け入れなければなりません。 ですが、20歳代や30歳代で敏感肌や乾燥肌になるのは完全に日常のスキンケアが原因になってるのです。   そういった毎日のスキンケアの中で最も影響があるのがクレンジングと洗顔です。 メイク汚れや皮脂がお肌に残るのはよくないです。 それを意識しすぎて一生懸命に時間をかけてクレンジングする人もいます。 毛穴の中の汚れまでキチンと落とそうと洗顔を丁寧にしている人は多いでしょう。 そんな肌のためによいと思って行っていることが逆にお肌にとって過度な負担になっています。